コンテンツにスキップ

おすすめスポットRecommend locations

住吉堤防敷 (桜の名所)Sumiyoshi Teibojiki (Cherry Blossom Viewing Spot) Sumiyoshi Teibojiki (Cherry Blossom Viewing Spot)

広島のお花見の名所として知られる春の観光地・住吉堤防

240本の満開の桜に酔いしれる 住吉堤防敷

 

廿日市有数の桜の名所として知られ、桜の時期には県内外から多くの人が桜色の幻想的な風景を求めて訪れる観光スポット、住吉堤防敷。


木材港の南北を結ぶ榎浦(えのうら)大橋東詰から、昭北グラウンドに向かう堤防敷で、600m以上に渡る道の両側に、約240本の桜が並んでいます。春のお花見シーズン以外でも、青々とした樹々が美しく、絶好のお散歩道ではあるのですが、やはり圧巻なのは木々が色鮮やかな桜並木へと彩りを変える春。空が見えないほどの桜の花がまるで天井のように頭上を覆い、ひらひらと花びらが舞う様子には息を飲みます。

桜の開花前後には約300本のぼんぼりも灯され、幻想的な夜桜の景色も楽しむことができます。海沿いのため、桜の開花時期は他の平野部より少し遅めと言われています。

また、桜が満開を迎える4月第1日曜日には桜まつりが周辺一帯で催され、多くの人出で賑わいます。

桜のシーズンの住吉堤防敷のおすすめは、早朝と夕刻。人の少ない早朝はさわやかな海辺の風と共に、そして夕刻は少しずつ暮れていく中幻想的な雰囲気を楽しむことができます。広島でもとても人気のある桜の名所なので、春に広島や宮島に日帰りや一泊旅行をするなら、一度立ち寄ってみてはいかがでしょう。