コンテンツにスキップ

史跡・神社・仏閣Historical landmarks/ Shrines/ Temples

上川上の六地蔵像Kamikawakami Six Jizo Statues Kamikawakami Six Jizo Statues

室町時代の人々が手を合わせていた6つの木造地蔵

 

室町時代中期(1400年代)つくられたと言われる、6体の木造のお地蔵様です。地蔵堂は文明16(1480)年に建立されています。

極彩色の塗りがところどころ残っており、以前は華やかな木造地蔵であったことが見て取れます。案内板に掲げられている「六地蔵物語」によれば、貴族だけのものであった仏教が平民にも広まったことから、里にもお寺が建てられるようになりました。この地も山中にお寺が建てられましたが、道行きが大変なため、その途中に小さなお堂をかわりに建て、石仏を置いていたそう。ところが人々が下のお堂の方に参るようになると、逆に上のお寺が衰退。長年の年月のあと、御本尊であったお地蔵様を里におろし、現在のお堂を建てたのだといいます。

周辺は廿日市の山間部らしい、のどかな田園風景が広がります。森や青々と茂る草花、そよそよとそよぐ田園の稲穂と、古い古いお地蔵様。600年以上昔の人たちが同じ光景を見ていたと思うと、なんともロマンを感じます。お天気の良い日には、近くの八田家長門などとあわせて、ぜひのんびりと散策してみてくださいね。