コンテンツにスキップ

史跡・神社・仏閣Historical landmarks/ Shrines/ Temples

立善寺Ryuzenji Temple Ryuzenji Temple

立善寺

古くは禅寺だった立善寺

 

古くは円光寺という禅寺だったという立善寺。

慶長5年(1600年)に、時の住僧祐正が浄土真宗に改宗し、現在の場所に移転。寺の名前も立善寺と改めたと伝えられています。寺の記録によれば、その後延享元年(1744)、境内に薬師堂が建立され、のち明治16年(1883)、13代霊雲の時に経蔵として再建立されたそうです。

鎌倉時代の職人の手による不動明王と天部像は、広島県の重要文化財に指定されています。