コンテンツにスキップ

イベントEvents

極楽寺大茶盛り Gokurakuji Tea Festival Gokurakuji Tea Festival

大きな器で楽しむお茶席は広島観光の思い出にぴったり

特大の茶道具は一見の価値あり!秋の大茶盛

 

眼下に瀬戸内海を一望する極楽寺で毎年秋の恒例行事として行われるのが、特大の茶せんや水差し、なつめなど、大きな茶道具を使って行われるお茶会が「秋の大茶盛」です。

広島県有数の紅葉の観光名所として知られる極楽寺。窓から見える赤く色づいたもみじを見ながらいただく風流なお茶会ながら、その茶道具の大きさは圧巻。40cm以上ある茶せんでお抹茶をたてたら、飲む器も直径40cm近くと、とにかくなんでも「大」きいのです。お箸に至ってはなんと70cm、果たして上手につかめるのか・・・と心配になってしまうほどの巨大さです。

美しい紅葉を眺めながら大きなお茶道具で開かれるお茶会を見るだけでなく、参加したいと思う方は、毎年応募を行っているので、はつかいち観光協会のこのホームページをご覧くださいね。