コンテンツにスキップ

イベントEvents

御陵衣祭(馬とばし)Goryoesai Festival Goryoesai Festival

初夏の広島観光でぜひ本物を見ていただきたいやぶさめ(流鏑馬)

馬に乗って的を射る流鏑馬が見れる 厳島神社ゆかりの祭事

 

旧暦5月5日の端午の節句に地御前神社で行われる、馬に乗って弓で的を射る「やぶさめ」のお祭りです。

装束を着た人が馬に乗り、走り抜ける馬から的へ弓をシュッ!

りりしくも優美な流鏑馬(やぶさめ)を、実際に見たことがある人は少ないのでは。地御前神社では約780年も前から毎年おこなっている神事なのです。

お祭りでは、祭典に続き舞楽を奉納。宮島の厳島神社で行われているのと同じ、お面をつけた蘭陵王の優美な舞楽を見ることができます。その後、装束で矢筒を背負い、弓を持った射手が馬で登場。神社前から観音堂下の間を走ると、弓を射ます。的を無事に射止めると、観客から拍手喝采があがる、手に汗握るお祭りです。

もともと流鏑馬は、鎌倉時代に武芸修練のために行われていた、武士の行事。ここ地御前神社では、神事として欠かすこと無く伝統を守ってきたのです。

もともと地御前神社は、神の島として上陸できなかった宮島の対岸で参拝するために作られたもので、宮島・厳島神社の外宮でもあります。そう考えると、800年もの間日本の伝統を伝える行事が守り抜かれてきた理由も、納得できますよね。

めったに目にすることができない流鏑馬をひと目みようと、県内外から、そして世界から観光客が訪れる馬とばしですが、御陵衣祭は地御前っ子にとっては、一年で最もワクワクして楽しみにしているお祭りの日でもあります。周囲には露店が軒を連ねて祭り気分を盛り上げ、付近の家々では、ちまきやかしわ餅を作ってお祝いします。