コンテンツにスキップ

イベントEvents

廿日の市Hatsukanoichi Fair Hatsukanoichi Fair

廿日市の名産が揃う廿日の市

毎月20日は、青空マーケットはつかいの市へ

 

はつかいち、の名の由来となった20日に行われる「市=マーケット」で、地元特産品をはじめ、野菜、果物や衣料品などが即売される、掘り出し物満載の青空市です。

実は、この「はつかの市」も宮島・厳島神社と深い関係があると言われています。

平清盛によって平安末期に大きく発展した厳島神社ですが、鎌倉時代2度に渡る火災で社殿を焼失してしまいます。再建のために鋳物師や大工など特別な技術をもった者たちが多く宮島の対岸に暮らすようになり、塩・木材等の生活必需品や、厳島神社再建のための物資を集める必要が生じ、これが市場となっていきました。

厳島社祭礼の最終日20日を市場を開く日としていたため、これが、「はつかのいち」廿日市の名前の由来ではないかと言われているようです。(諸説あるそうです。)

生産者が自ら持ち込む、新鮮でお買い得なお値段が人気のはつかの市。毎月多くの人が楽しみにしている青空市場です。