コンテンツにスキップ

ショッピング・お土産Shopping / Souvenirs

川原圭斎窯Pottery Kawaharakeizaigama Pottery Kawaharakeizaigama

宮島焼きの川原圭斎窯

厳島神社観光の縁起もの 宮島焼きが体験できる

 

宮島の砂を粘土に混ぜて焼くことから、神砂焼(しんしゃやき)、御砂焼(おすなやき)とも呼ばれる宮島焼。

厳島神社御本殿下の砂をもらい、旅の安全のお守りとした慣習が、その後砂を混ぜた祭器へ、そして厳島神社参拝の際の縁起物となりました。

川原圭斎窯 (かわはらけいさいがま)は、宮島口に3つある宮島焼(お砂焼)の窯元の1つ。

窯元の川原浩二氏は、体験や陶芸教室なども行っており、工房では窯元から手ほどきを受け陶芸体験ができます。また、圭斉ギャラリーでは茶室も設けられ、現当主・圭二さんの作陶風景も見ることが出来ます。
毎年10月に開催され、たくさんの観光客が集まる「お砂焼き祭り」の日には、圭斉ギャラリー店内にある茶室で、お抹茶を頂くこともできるので、宮島の、厳島神社の歴史に思いをはせながら、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。

陶芸体験など、詳細についてはお電話にてお問い合せください。