コンテンツにスキップ

ショッピング・お土産Shopping / Souvenirs

山根対厳堂Pottery Yamanetaigendo Pottery Yamanetaigendo

宮島焼きの山根対厳堂

厳島神社御用窯 お祝いに山根対厳堂の宮島焼を

 

「ザ・広島ブランド」や「広島県伝統的工芸品」に指定されにも認定されている山根対厳堂(やまねたいげんどう)は、宮島口に3つある宮島焼(お砂焼)の窯元の1つで、「厳島神社御用窯」 です。

宮島の砂を粘土に混ぜて焼くことから、神砂焼(しんしゃやき)、御砂焼(おすなやき)とも呼ばれる宮島焼。厳島神社御本殿下の砂をもらい、旅の安全のお守りとした慣習が、その後砂を混ぜた祭器へ、そして厳島神社参拝の際の縁起物となりました。
山根対厳堂では厳島神社の本殿下の御砂を祈祷して頂き粘土に混ぜて制作、記念品、贈答品に最適の縁起物として愛されています。本物の紅葉の葉を使った華やかな「もみじ紋シリーズ」の器は祝い事の贈答品や、広島観光に訪れた人のお土産として人気です。

店舗の斜め向かい「ギャラリー耀(よう)」では、器や花器、茶器など、初代~三代興哉の作品を展示販売。宮島観光の思い出になる「絵付け体験」「陶芸体験」も行っています。

詳細は、お電話にてお問合せを。