コンテンツにスキップ

ショッピング・お土産Shopping / Souvenirs

高津堂Sweet Shop Takatsudo Sweet Shop Takatsudo

Takatsudo is known for creating the original Momiji manju, maple leaf shaped cake.

 手焼きを守り続ける 元祖 もみじ饅頭の高津堂

 

明治39年、現店主・加藤氏の祖父・高津常助氏は、試行錯誤の末、もみじの葉っぱの形をしたお菓子「紅葉形焼饅頭」をつくりました。

当時は宮島島内に店を構えていた高津堂は、明治43年には「紅葉形焼饅頭」の特許も取得。やがて「もみじ饅頭」と呼ばれるようになり、広島銘菓として全国に知られるようになりました。

高津堂のもみじ饅頭は、まるで本物のもみじのように葉脈がくっきりとしています。これは、初代が苦心の上作り上げた型を完全復刻したもの。実は時代の流れとともに一度お店を閉めていた高津堂ですが、孫の加藤氏がこの焼型とともに高津堂を復活させ、現在に至っています。

初代がつくりあげたもちもちとした柔らかい食感が美味しい高津堂のもみじ饅頭。広島レモン餡や日本酒が香るもみじ饅頭など様々な味の餡が売られており、ホイップクリームとあんこがはみ出た冷たい「冷やしもみじ」やなんとキットカットも加わった「冷やしもみじチョコ」は広島市内のカフェで人気なのだそう。

宮島島内だけでなく、宮島口周辺でも様々な店がそのお店オリジナルのいろいろなもみじ饅頭を販売しています。バラ売りをしているので、それぞれのお店のもみじ饅頭を食べ歩いてみたり、色々な味をひとつづつ買ってお土産にしたり、気軽にもみじ饅頭を楽しんでくださいね。