コンテンツにスキップ

自然・キャンプ

極楽寺山Mt.Gokurakuji Mt.Gokurakuji

秋に広島でゆっくり紅葉を楽しみたい人にもオススメ

瀬戸内海を見下ろす国立公園 極楽寺山で四季折々の観光を

 

海抜693m、広島県廿日市市の北寄りにある極楽寺山。その頂上からは、瀬戸内海国立公園の名にふさわしい景観を一望のもとに見渡すことができます。極楽寺山の山頂付近には、聖武天皇が建立したとされる由緒ある古寺、極楽寺もあります。


登山でもドライブでも

登山でも車でも頂上近くに向かうことができる極楽寺。
登山では、廿日市市平良の登山口(Map)から向かうルートや、宮島サービスエリア上りの裏手(Map)から向かうルートが良く知られており、瀬戸内海を見下ろしながら、空に近づいていく気持ちの良い登山をすることができます。


ドライブでは、瀬戸内海をのぞみながら極楽寺に向かう、速谷神社を上がり国道433号線を登っていくコースがよく知られていますが、道がぐるりと一周するループに驚かされるかもしれません。駐車場から頂上は、10分ほどで到着することができます。


樹齢300年の巨木が並ぶ頂上付近 

極楽寺山山頂一帯には、全国でも有数のモミの原生林が広がります。また、極楽寺の本堂前には根本に大人何人かがスッポリ入れる洞を持った、樹齢300年以上、樹高20mにもなる県で最も大きいのアカガシの巨樹があります。さらに、奥の院近くの参道両側には2本のアカガシが門のように左右にそびえ立っており、こちらも夫婦樫として知られています。


展望台から瀬戸内海を一望 

極楽寺の展望台からの瀬戸内海の眺めは、眼下に廿日市市の市街地と木材港、東に広島市、西に宮島を。さらに能美島、倉橋島など瀬戸内海の島々に、お天気が良いときには四国連山までも見渡すことができます。


秋は紅葉、夏は睡蓮 

また、季節ごとの楽しみかたができるのが極楽寺山が人気のある観光スポットの所以。
秋になると極楽寺の周りの数十本もあるもみじの木が一斉に朱色に色づき、広島県でも有数の紅葉の名所として、多くの人が広島県内外から訪れます。毎年11月3日に催される、秋の深まる極楽寺山登山を楽しむ山開きイベントも人気です。

頂上から下った蛇の池には、5月の末ごろから8月の末ごろまで睡蓮が池いっぱいに咲き誇り、幻想的な風景を魅せてくれます。カメラ片手に多くの人が訪れる、極楽寺山の中でもカメラ好きの人に特に人気がある観光スポットです。

極楽寺山には、広場やキャンプ場もあるので、家族連れやグループでのおでかけにもぴったり。また、春の極楽寺縁日など、極楽寺と合わせてイベントも行われているので、チェックしてみてくださいね。