コンテンツにスキップ

温泉・リゾートHot springs / Resorts

宮浜温泉郷Miyahama Onsen Miyahama Onsen

広島・安芸の宮島の後は宮浜温泉で素敵な時間を。日帰り旅行にもぴったり

瀬戸内海と宮島をのぞむ、風光明媚な温泉地

 

宮島をのぞむ浜辺の上に位置する、瀬戸内海を眼前に楽しめる温泉、宮浜温泉。
昭和39年に開湯した、ラドンを豊富に含む天然温泉です。

純日本風の旅館から、ペンション、スタイリッシュなモダン旅館まで、それぞれに雰囲気のある佇まいの宿が並び、また、日帰り入浴ができる温泉施設「べにまんさくの湯」もあります。

宮島を臨む浜辺にあることから、「宮浜」と名付けられたというこの温泉は、なんといっても瀬戸内海の景色と、新鮮な瀬戸内・大野瀬戸の海の幸が魅力。ゆったりと温泉につかったあと、瀬戸の海辺を散歩することもでき、瀬戸の夕凪を眺めながら徐々に暮れていく景色を眺める心穏やかなひとときを過ごすことができる温泉です。

広島県民は、記念をこめての特別な一泊旅行としてや、日帰り旅行で訪れることの多い温泉地ですが、県内外の観光客からは、広島で原爆ドームや平和公園を回った後の疲れを温泉で癒やし、次の日のはやくから宮島・厳島神社へ向かうのに最適な温泉地として、人気があるようです。

宮浜源泉地 温泉の成分と適応症
源泉名・湧出地 宮浜温泉2号井
泉質 単純弱放射能冷鉱泉
ラドン 含有量 26.5マッヘ/㎏
分類   低張性弱アルカリ性冷鉱泉

効能・適応症

リュウマチ、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、疲労回復、健康増進、痛風、動脈硬化症高血圧症、慢性胆のう炎、胆石症、慢性皮膚症、慢性婦人病
泉温 22.1度
湧出量 230リットル/分
性状 無色透明 無味無臭
温泉の分析年月日 平成27年4月6日
分析者氏名 株式会社 日本総合科学


宮浜温泉の泉質は、ラドンを豊富に含む単純弱放射能泉で神経痛やリウマチ、健康増進、痔疾、関節痛、疲労回復、婦人病などに効果があると言われています。