コンテンツにスキップ

たびはつ 見つけるDISCOVER

つゆ太郎さん【何コレはつかいち】

飲用にはむいてません! 夏でも冬でも、雨が降り続いても、干ばつの時でも、水の量が同じように流れている不思議な水です。 つゆ太郎さんは蛇の姿をした神様で…

詳細を見る >

真幡神社の大榧【何コレはつかいち】

天然記念物に指定されています! 佐伯地域、津田にある真幡神社の境内に悠然とそびえ立つ大木 胸高周囲約4.8m、高さ約35mあり、榧(かや)では広島県下…

詳細を見る >

馬のたらい【何コレはつかいち】

馬は入れない・・・かな 縦65㎝、横1.9m、深さ30㎝の穴が大岩に彫られています。 「馬のたらい」という名前ではあるけど、雨水をためて飲料水に用いた…

詳細を見る >

稲荷社(稲荷大明神)【何コレはつかいち】

こんなところに鳥居が・・・ もとは、津和野藩御船屋敷に祀られていました。 津和野太鼓谷稲成神社の分身を祀ったもので、石灯篭には寛政3年(1791)に寄…

詳細を見る >

夫婦樫【何コレはつかいち】

極樂寺の夫婦樫 極楽寺山の山頂付近にある極樂寺の駐車場近くの参道の両側には アカガシの古木が2本山門のように立ち、夫婦樫(めおとがし)として親しまれて…

詳細を見る >

千年楠【何コレはつかいち】

廿日市天満宮と正覚院の間を抜けたら・・・ 樹齢約1300年の楠の木がお出迎え。揺れる葉の音に耳をすましてみてはいかが? 階段を上った先の境内からは、J…

詳細を見る >

けん玉壁画【何コレはつかいち】Kendama wall painting

学生が書いたけん玉壁画 JR廿日市駅と国道2号線を結ぶ、けん玉商店街の道中に、可愛らしいけん玉の壁画があります ぜひさがしてみてくださいね♪

詳細を見る >

けん玉モニュメント【何コレはつかいち】Kendama Monument

けん玉モニュメント 廿日市新宮中央公園(けん玉公園)のそばにある、けん玉モニュメント 2014年初めて行われた「けん玉ワールドカップ廿日市」もこのモニ…

詳細を見る >

けん玉マンホール【何コレはつかいち】kendama manholecover

けん玉発祥の地はつかいちは、マンホールもけん玉! JR廿日市駅と国道2号線を結ぶ、けん玉商店街の道中にけん玉の技を示した「けん玉マンホール」があります…

詳細を見る >

教覚寺山門【何コレはつかいち】Kyokakuji Sanmon Old Japanese Style Temple Gate

堂々たる佇まいに圧倒される 教覚寺の茅葺き山門   元禄元年(1688)の建築と伝えられる、廿日市市・津田の永泉山教覚寺の山門。 廿日市市の…

詳細を見る >

帯掛明神と重なり岩【何コレはつかいち】Obikake Myojin Shrine & Kasanari-iwa Balanced Rock

「落ちない」観光名所 受験生がお参りする帯掛明神   思わず「わ!落ちる!」と叫びたくなる観光スポット、重なり岩。ところが、縦横高さ共に約2…

詳細を見る >

上田宗箇 岩船の水【何コレはつかいち】Ueda Soko Iwafune-no-mizu Fountain

秀吉が愛した茶人・上田宗箇が朝夕に茶を点てた銘水   武将茶人・上田宗箇が、茶を点てるのに朝に夕に汲みに来たといわれる銘水。400年の時を経…

詳細を見る >

End of content

No more pages to load